ヘルニアの原因を見つける作業は困難

椎間板ヘルニアの痛みに蝕まれてしまった人の姿は、  『ダイエット』 に似ていると、改めて思い起こされます。 (ヘルニアは不意の事故など、ダイエットは甲状腺の疾患など病気からの人は除きます)

「様子をみましょう」の言葉に耐え切れず病院変えたり、ある院長の書いた解消本を読んだり、うわさの治療院へ遥々行ってみたり、誰々さんがやってるストレッチが良さ気と試してみたり、こういったSNSなどの場で、アレは良かった・悪かったなど、情報を調べたり提供したり、でもなかなか上手くいかないよね~と、共感できたり、でも、こういうのをずっと続けなきゃならないの?

良さ気な病院を探し続けるのはいつまで?
ある整骨院の先生から教わったストレッチがバッチリ。
でも効けばOK!ということじゃなくて、それを死ぬまで続けなきゃならないの?

紆余曲折の繰り返し。
この現状を利用して、ひと儲けしている人もいるのも同じ。

原因がわからなければ、何を試しても意味が無い。

「突出した髄液がどうの」や「この神経が圧迫がどうの」とか、そうことじゃなくて。 それは、ダイエットでいえば、「酒の席で度が過ぎてしまう」や「つい夕食後にお菓子を食べてしまう」とか、 そういうのと同じ。

一番大事なのは、なぜそう、度が過ぎてしまったり、食べてしまったりしてしまうのか、ということで、探しているのはその原因です。

偶然どちらにも言えることですが、「運動不足」が主な原因なケースは、とても少ないと思います。
一番の原因は、人それぞれの、何かしらの「ストレス」だと思うのですが。

ヘルニアを完治して元の生活に戻りたい!
と、切に願う人が多いですが、戻るのが元の生活だったら、またヘルニアになっちゃいますよ。
戻るなら、ヘルニアにならない生活でないといけません。

元の生活をしていた頃の自分が持っていた、ヘルニアを発症させる「原因」を見つける作業は困難で、ときには自分の非や傲慢な部分を認めなければならないので、とても辛い作業になると思います。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイト|内職 アルバイト|健康に役立つ口コミ情報|女性の生き方|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|AGAでお悩み解決|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|童話|オーディオ